ホーム>こだわり派ダイバーさんへ

こだわり派ダイバーさんへ

ベテランのあなたに!自由に楽しめるプライベートダイビング

ダイビングの魅力、セルフダイビングで自由に潜ってみよう

201810191384.JPG

セルフダイビングの魅力はなんと言っても、自分のペースで自由にダイビングが出来ることです。ダイビング経験をある程度積むと自由に潜ってみたいものですよね?例えば旅行でもある程度慣れて来るとツアーではなく自分で計画を立てて観光するのが醍醐味になります。それと同様ダイビングの一番の魅力はセルフダイビングなのです。
冠島独特の複雑な地形や、日本海ならではの透明度で堪能できる沢山の魚影を自分に合ったペースで潜ってみませんか?経験を積んでスキルアップをしてセルフダイビングに挑戦してみましょう。

 少人数だからできるフリープラン

2015116151127.jpg

せっかく水中カメラを買ったのに、ガイド同伴のダイビングだと、他の人のペースに合わせないとけない、満足のいく写真が撮れないまま移動しなければならないと言ったことがよくあると思います。
そんなこだわり派ダイバーさんに朗報です。ライセンスを持っている方ならR&Aダイバーズでは、少人数制でプランをお作りします。出航時間や内容も柔軟に対応が可能です。

 福井県音海の日本海ダイビングスポット

20181018162828.jpg

福井県、若狭湾に浮かぶ周囲4㎞の小さな無人島、冠島。島全体が外洋に面しているので、抜群の透明度と魚影の濃さがなんと言っても魅力です。特に冠島から東にある、若狭湾の真っただ中にある浅礁(アサグリ)は、大きな隠れ根が7箇所あり、複雑かつダイナミックなドロップオフがダイバー達を迎えてくれます。さらに海底トンネルもあり東側の出口近くの天井には見事なオノミチキサンゴが張り付いています。
 

 酸素割合の高い『ナイトロックス』で楽々ダイビング(要予約が必要です。)

ナイトロックス 音海のサムネイル画像

ダイビングに慣れて来ると、一度で長く潜ってダイビングを楽しみたいですよね?
ナイトロックスとは、通常のボンベよりも酸素濃度が高く、4割程度ほど長く潜る事が可能です。より長く水中世界を楽しみたい方、じっくりと生物観察や水中撮影に集中したい方にオススメです。さらに、機材は従来の物が使えるのでMyレギュレーターを持っているベテランダイバーさんもOK。

ナイトロックスのここがイイ
・エアータンクよりも長く潜ることが可能
・減圧症のリスクが通常タンクよりも減る
・体にたまる窒素が少ないので、安全で疲れにくい
・水面休息時間を短くできます

 こだわり派ダイバーさんのQ&A

Q.日本海ってどんな所なの?
A.5月から10月が日本海でのダイビング期間です。特に7〜9月はベストシーズンで抜群の透明度を誇り、沢山の魚影があなたを迎えてくれます。

Q.日本海って寒くないんですか?
A.寒くはありません。シーズンは限られてしまいますが、5月〜10月ごろまでのシーズンなら平均的に20〜30度位までの水温があります。

Q.それでは冬でも潜れるの?
A.冬の日本海は、海が荒れる事もあり、自慢の透明度をお楽しみいただけないので、春になったら遊びにきてください。

Q.太平洋ダイビングとの違いは?
A.生息している魚が違います。カラフルな熱帯魚が見られる太平洋と異なり、日本海はハマチ・ススメダイ・イサキなどの迫り来る魚群を見られるのが特徴です。そして一番の違いは透明度。一度冠島の海の色を実際に体験してみてください。

Q.どんな魚が見れますか?
A.6月からはドロップオフには大型回遊魚や巨大なエイを見ることができます。トンネルの中にはオノミチキサンゴがシャンデリアのように付いていてイシダイ、グレ、キジハタなどの根付きの魚、アジ、イサキ、タカベの群れ、スズメダイの群れなどはダイバーを覆い尽くすほどの群れになることもあります。最近ではハンドウイルカやカモイルカの群れも島の周りで見られることもあります。

ページ上部へ